top of page

日焼け止めの選び方





日焼け止め毎日使用してますか?


しみ、しわ、たるみなど肌老化の原因の80%が

実は『光老化』が原因なんです。年齢による老化よりも

紫外線によるダメージの方が

はるかに大きい!


そのため、紫外線対策が老化肌を防止する最大のカギになります。


夏だけではなく真冬の時期にも、

しっかり日焼け止めを使用する事が大切ですが、


SPFは高い方がいいの?


ノンケミカルか、ケミカルどっちがいいの?


というお声をいた開くことも多く、

皆さん日焼け止め選びに迷われている方が多いなと感じます。


ケミカルかノンケミカルとは、

紫外線吸収剤を使用しているのが、ケミカルタイプ


紫外線散乱剤を使用しているのがノンケミカルタイプ


紫外線吸収剤は肌の上で紫外線を化学反応で無害化しています。

そのため、肌の上でずっと化学反応が起こっているということで、

肌が敏感な方や、弱い方は肌荒れの原因になることもあります。


ですが、伸びもよく白くなったりせず使いやすいテクスチャーのものが多いです。


紫外線散乱剤は紫外線を反射して肌を紫外線から守ります。

天然成分なので、ノンケミカルと言われますが、

肌が敏感な方や、弱い方でも比較的安心して使用ができます。


白浮きしやすく、伸びもあまりよくないものが多いのですが、

最近ではとても使いやすいノンケミカルタイプも出てきています。


次にSPFの問題ですが、

SPF50とは日焼け止めを塗らずに紫外線に浴びたときに、赤い瘀班が出てくるまでの時間をどのくらい遅らせるかという数値で、

SPF50なら50倍遅らせることができるという意味で、UVBを防ぐ効果指数です



ですが、SPF20以上は効果がほとんど変わらない

というデーターもあり、

SPFが高い物を毎日使い続けることで、肌への負担も増し、

発生するフリーラジカル(活性酸素)による肌へのダメージもありますので、

普段使いにはSPFはそこまで高いものを使う必要はないと思います。



SPFが高ければいい!

というのではなく、

より肌に負担をかけず紫外線を防止することが大切ですね。






閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page