top of page

心と身体が整うタラとエリンギのスパイスカレー

おはようございます!

昨日は仕事から帰って来たのが20:00頃になったのですが、

スパイスカレーを作りたい熱が冷めなかったので、そこからカレー作り。


レシピを参考にしようと思ったけど、結局色々試してみたくなって、

オリジナルの配合で作りました。

レシピを見ながらはまた次回!



新鮮なタラがあったので、お肉ではなくお魚のカレーにしました。


ココナッツミルクを入れることで、まろやかでコクが増すので、子供にも大好評!

大人はチリペッパーを後がけすれば家族でカレータイムを楽しめますよ❤️


私は中医学をベースにした鍼灸師なので、スパイスの薬膳的効能、効果も記載してみました!



今回使ったスパイスは

【ホールスパイス】

・カルダモン 10個  気を巡らせ胃腸に溜まった余分な水分を取り除く

・クローブ 9個  胃腸を温め消化促進、お腹の張りの改善強力な抗菌作用、

          鎮痛、解毒

・クミンシード 小さじ1 肝機能を高める、胃腸内のガスを排泄、殺菌作用

・シナモン 10cm程度 体を温め冷えを改善

・ブラックマスタードシード 小さじ1/2 消化促進、血行促進、神経痛の緩和

・ブラッククミン(ニゲラとかカロンジとも言われるスーパーフード) 小さじ1

        糖尿病の予防、抗がん作用、鎮痛作用など

【パウダースパイス】

・コリアンダー小さじ1と1/2 体を温め消化促進、血液浄化作用、

             体内のガスを排泄、健胃

・ターメリック 小さじ1/2 気・血を巡らせ瘀血を改善

・チリペッパー 好みの辛さ 気・血の流れを改善、発汗作用

・ガラムマサラ 小さじ1


・ニンニク 2カケすりおろし  血を巡らせ体を温める、強い抗菌、解毒、

               疲労回復

・生姜 1カケすりおろし 発汗作用、解熱作用、健胃、利尿作用、新陳代謝UP


【その他の材料】

・たらの切り身2枚  気・血を補う、腎を強くする

・エリンギ 1パック 血・水を補う作用

・玉ねぎ 中2個 気・血・水の回りを改善し、体を温める

・セロリ 茎の部分1/2本 むくみや便秘の改善、ストレスによる頭痛の緩和、清熱作用

・トマト缶 半分 清熱、抗酸化作用、肝の働きを助ける作用、血・水を補う作用

・ココナッツミルク 大さじ5くらい  気・陰を補って体の熱を冷ます

・油 大さじ3くらい

・塩 小さじ1くらい(味を見ながら少しずつ加えるのがポイント)


【作り方】

① 鍋に油を敷いて火にかける。ホールスパイスを上から順番に入れて、香りが立ってきたら、玉ねぎのみじん切りを入れてきつね色になるまで炒める。


②セロリのみじん切り、ニンニク、生姜を加えて3分くらい炒める


③エリンギ(食べやすい大きさにカット)とトマト缶を入れて水分が飛んでケチャップくらいのペーストになるまで炒める


④パウダースパイスを加えて1分ほど炒める。パウダーは焦げやすいので注意!


⑤水を500〜700ml程度とココナツミルクを入れて中火でタラに火が通るまで煮る。


⑥塩を加えて味を見ながら量は調整。何か物足りないなと感じたら塩が足りないことが多いから、入れ過ぎないように少しずつ入れてみてください。



こうやって見ると、カレーは心も身体も整う薬膳ですね!

ぜひ気軽に、スパイスカレーに挑戦して、心と身体を整えてみてください。


そして、

これ美味しかった!というスパイスの組み合わせがあったらぜひ教えて欲しいです❤️




閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page