top of page

中医学の特徴

中医学とは4000年も以前に発祥した医学で、

『病気と人をみる医学』と言われています。


中医学には3つ特徴があって、

まず一つ目は

『整体観』(バランスの医学)です

人は自然の一部であり、気候や、季節など自然界から影響を受けていて、

、自然界と同じように人体も内部では様々な部位が影響をしあい、バランスを保とうとしていることを言います。

自然界全てのものが互いに関係しています。


外部とのバランス、内部のバランスどちらも重視する医学です。


二つ目は、

『弁証論治』(オーダーメイド医学)です

一人一人の体質や、病気の原因、発病の過程をして、「証」というものを導きだします。

「証」とはそれぞれ個々の症状や体質などからみた、病気の各段階の主な原因、発病の過程のことです。


それによって、治療方針を立て治療を行なって行くことです。


同じ生理痛でもその方によって治療で使用するツボや経絡が変わってくるのはそういう理由なんです。

そういったことからオーダーメイドな医学と言われています。


三つ目は、

『未病先防』(予防の医学)

養生法などによって、病気が発症する前に体質を見ながら対応し、病気を未然に防ぐという考え方です。

病気にかかりにくい体質を作る予防医学という考え方です。





#中医学#鍼灸#鍼灸治療#美容鍼#小児鍼#東洋医学#未病#大船#神奈川#鎌倉市#shishiraはり灸治療院

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page